住宅用火災警報器って何ですか?

    右の写真のような物です。
    住宅における火災の発生を感知し、
    警報音や音声で知らせる警報器・設備です。

設置する場所は

 寝室

     就寝に使用する部屋の天井又は壁面に設置します。

 階段

     就寝に使用する部屋がある階の階段の踊場の天井または壁面に設置します。
     ただし、避難階(1階など容易に避難できる階)の階段は除く。


住宅用火災警報器をなぜ設置するのでしょうか?


   現在、住宅火災による死者が急増しています。
   建物火災による死者の約9割が住宅火災によって亡くなっています。
   また、そのうち約7割は「逃げ遅れ」によるもので、しかも就寝時間帯に集中しています。

   アメリカでは住宅用火災警報器等の設置が義務化され、
   21年間で火災による死者数は約半分にまで減っています。

   これらのことから住宅火災による死者数を減らすため消防法が改正され、

   新築住宅は平成18年6月1日から(すでに義務化されています)

   既存住宅は平成23年5月31日までに

                  住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。

住宅用火災警報器の購入・設置は
                  信用のある業者さんを!!        


    当協会では住警器の販売・取付を行う業者を登録制としております。
    当協会が認めた業者による住警器を購入・設置をされた場合、下記のラベルを住宅の家主の了解のもと
    玄関等に貼付することができます。

                              このラベルを貼付することにより設置後の管理に役立ちます。
                                  ぜひ、当協会登録業者(平成24年2月16日現在 173事業所)
                                  をご利用ください。
                                    (「住宅用火災警報器設置事業登録業者名簿」
                                          



当協会の登録基準は下記の取扱要領によります
      

   
                  

    住宅用火災警報器設置済ラベル取扱要領
     
(目的)
第1条 急速に進行する高齢化社会にあって、一般住宅の火災による死亡事故等を軽減し、県民の生命、財産を守るため
 住宅用火災警器(以下住警器という)の普及促進及び悪質業者、粗悪品の一掃を図り、法の適正な運用に寄与することを
 目的に、住警器の販売や点検等までを、社団法人福島県消防設備協会(以下協会という)及び協会員が責任をもって行う
 ことを明確にするために本要領を定める。

(登録)
第2条 ラベルの交付対象は、住警器の販売を行う業者とし、登録制とする。登録を希望する業者は
別記様式1の登録申請書 を地区協会長を経由し、協会の会長あて提出し承認を受けるものとする。

(承認)
第3条 登録申請書を受理した協会会長は、地区協会長の意見等を受けて、消防用設備に対しての知識、経験等を有し
 登録業者として適当であるかの審査をおこない、その適否について申請業者あて通知するものとする。但し、消防用設
 備等点検済表示登録業者は審査を省略することができる。

(取消)
第4条 粗悪品の販売や点検等において不適切な行為をおこない協会の信用を著しく失墜させた登録業者は、直ちに登録
を抹消するものとする。

(ラベル)
第5条 ラベルの大きさ、形状、色合い及び記載事項は別に定める。ラベルの作成及び管理は協会が行う。

(交付)
第6条 ラベルの交付は別記様式第2号交付申請書によりおこない、1回の交付枚数は100枚単位とし、交付価格は作成費
 及び本制度の普及促進費を含めて1枚8円とする。

(責務)
第7条 登録業者は、住警器を販売設置した住宅に家主の了解を経て、玄関等にラベルを貼付するとともに、設置後の管理
につとめるものとすする。
協会は本制度の普及啓発を図るために、消防等関係団体に理解と協力をもとめるとともに、広く県民に広報、宣伝につとめる
ものとする。



newpage1.htmlへのリンク

住警器申請書.htmlへのリンク