令和2年度 消防防設備士講習再講習
 
※令和2年5月26日現在の情報です。
 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で今後変更がある場合もございますのでご理解ください。
 
 消防法(昭和23年法律第186号)第17条の10の規定により、消防設備士が受けなければならない消防用設備等の工事又は整備に関する講習を、福島県知事の委託に基づき、次により実施いたします。

講習該当者
(1)甲種消防設備士免状及び乙種消防設備士免状の交付を受けた日以後における最初の4月1日から2年以内の者。
(2)消防設備士講習を受講した日以後における最初の4月1日から5年以内の者。
   
※平成24年4月1日から、上記のとおり講習の受講期限が改正しておりますのでご確認ください。
  なお、上記の講習該当者以外の方で、受講希望の方も受講可能です。

講習区分及び講習の対象となる消防設備士免状の種類と指定区分

(1)「消火設備」
   甲種及び乙種の第1類、第2類、第3類の消防設備士免状の交付を受けている者

(2)「警報設備」
   甲種及び乙種の第4類、第7類の消防設備士免状の交付を受けている者

(3)「避難設備・消火器」
   甲種及び乙種の第5類、第6類の消防設備士免状の交付を受けている者

(4)「特種消防用設備等」
※本年度は福島県では実施しません
   特類の甲種消防設備士免状の交付を受けている者
                          
講習区分 講習月日 会  場 受付期間【受付期間厳守】
消 火 設 備
警 報 設 備
避難設備・消火器
令和2年 9月16日(水)
令和2年 9月17日(木)
令和2年 9月18日(金)
いわき市
いわき新舞子ハイツ
8月 3日(月)〜
8月12日(水)
消 火 設 備
警 報 設 備
避難設備・消火器
令和2年10月6日(火)
令和2年10月7日(水)
令和2年10月8日(木)
会津若松市
アピオスペース
8月24日(月)〜
9月 3日(木)
消 火 設 備
警 報 設 備
避難設備・消火器
令和2年10月27日(火)
令和2年10月28日(水)
令和2年10月29日(木)
郡山市
郡山ユラックス熱海
9月 7日(月)〜
9月18日(金)
消 火 設 備
警 報 設 備
避難設備・消火器
令和2年11月16日(月)
令和2年11月17日(火)
令和2年11月18日(水)
福島市
福島県文化センター
9月28日(月)〜
10月 9日(金)
講 習 時 間
 
受   付  8時40分〜9時
 講習時間  9時10分〜午後5時  ※科目免除者の方の受付は12時15分〜12時25分です

 

講 習 科 目

(1)消防用設備等関係法令に関する事項
  ア 消防用設備等に関する規制の概要
  イ 過去5年間における消防用設備等の技術上の基準の改正要点
  ウ 消防設備士の責務

(2)消防用設備等の工事又は整備に関する事項
  ア 消防用設備等の工事又は整備に関する技術基準の要点
  イ 消防用設備等の点検要領
  ウ 消防用設備等の奏功並びに事故例及びその問題点
  工 消防用設備等の維持管理に関する要点

(3)防火に関する他法令等に関する事項
  ア 過去5年間における建築基準法令、危険物関係法令等防火に関する関係法令の改正要点
  イ 特異な火災事故例及びその問題点
  ウ その他防災に関する事項

(4)効果測定考査
  講習修了後効果測定考査を行います。

受 講 手 続
(1)「消防設備士講習受講申請書」、「免状のコピー」を提出してください。
   受講申請書が必要な方は、当協会までご連絡いただくか、その他福島県危機管理部消防保安課および各消防本部(各分署等
   には、問い合わせして確認してください) にて6月下旬以降に配布予定です。

(2)提出先及び問合せ先

  
 一般社団法人福島県消防設備協会
   〒960−1106 福島市下鳥渡字新町35−1
   TEL:024-529-7120 FAX:024-529-7127


受講手数料

 
受講手数料は7,000円。 
 福島県収入証紙を受講申請書の所定欄に貼って納めること。ただし、消印はしないこと。※収入印紙ではありませんので
 ご注意ください。
 また、いったん納入された手数料は、いかなる理由があっても返還いたしません。

消防設備士免状への記載

 講習の全課程を受講した者には、当該講習の区分に係る消防設備士免状に講習を終了したことの福島県知事の認証印を押印しますので、消防設備士免状を持参してください。
 ただし、遅参、中途欠席及び退場などにより、規定の受講時間に満たない者は、講習終了の証明をしないことがあります。