点検済表示制度
消防用設備等の点検・報告について

一定規模以上の防火対象物の関係者(所有者・管理者・占有者)は、設置された消防 用設備等(消火器やスプリンクラー設備、自動火災報知設備など)を定期的に点検し、その結果を消防長または消防署長に報告しなければなりません。
 消防用設備等は特殊なものであり、消防用設備等についての知識、技術のない人が点検を行っても、不備欠陥が指摘できないばかりか、機能を損なう恐れもあります。
 そこで、建物の用途や規模により点検を行う人が決められており、一定規模以上の建物については、消防設備士または消防設備点検資格者が定期点検を行うこととなっています。一定規模以外の防火対象物については、防火管理者などの関係者も行うことができますが、確実な点検・整備を行うためには、有資格者(消防設備士または消防設備点検資格者が点検することが望まれます。

  まとめると・・・

 
点検・報告義務のある人・・・消防用設備等または特殊消防用設備等の設置が義務
                    づけられている防火対象物の関係者(所有者・占有者・                     管理者など

 
点検をする人・・・・・・・・・・・・・消防設備士・消防設備点検資格者 など。

 
報告を受ける人・・・・・・・・・・・・消防長または消防署長

 この点検・報告制度の充実強化を図るために、一般財団法人日本消防設備安全センターが定めた要綱により、全国統一的に運用されているのが「点検済表示制度」です。
 この点検済表示制度に基づく「点検済表示管理委員会」の資格審査で、一定の要件を満たした点検実施者を「表示登録業者」として当協会が認定登録をし、その点検実施者に対して点検済票(ラベル)を交付します。



表示登録業者とは?

  点検に必要な国家資格を持ったプロフェッショナルがいます。
  点検に必要な機器・工具を完備しています。
  損害賠償保険に加入しています。
  点検済表示管理委員会の資格審査に合格しています。
  表示登録業者は、登録更新の審査を経て、2年に1度登録更新しています。 



表示登録業者「新規登録・登録更新について」

「点検済表示管理委員会」の審査
は、年1回の開催です。
したがって、新規登録及び登録更新の書類提出も年1回となりますのでご了承ください。詳しくは当協会までお問い合わせください。

  新規登録の場合の提出書類】は → こちら 

  登録更新の場合の提出書類】は → こちら 


点検済票(ラベル)とは?

  消防用設備の点検が適正に行われ、機能が正常であるものに点検済票を貼付します。
  点検済票は、点検の都度、点検実施者が設備に貼付します。
  点検済票の種類、デザイン、表示する設備や位置は定められています。「表示位置の例」





点検済票(ラベル)が貼られることによるメリットとは

   点検実施者の責任が明確になり、適正な点検が期待できます。
   点検日・点検の内容がわかります。
   次回の点検時期がわかり、維持管理の徹底が図れます。
   安全のシンボルマークとして、建物の利用者に安心感を与えます。
   点検済票が貼付されている場合は、点検報告や立入検査などの行政事務が一部簡素化されます。


主な消防用設備等

  [消火設備]・・消火器具・屋内消火栓設備・スプリンクラー設備・不活性ガス消火設備
           ハロゲン化物消火設備・粉末消火設備 など。

  [警報設備]・・自動火災報知設備・ガス漏れ火災警報設備・漏電火災警報器
           消防機関へ通報する火災報知設備 など。

  [避難設備]・・救助袋・緩降機・誘導灯 など。


点検の内容と期間
消防用設備等の種類に応じて、告示で定める基準に従って行います。
  
機器点検(6ヵ月に1回実施)
     ・機器の機能について外観と簡易な操作によって確認します。
     ・機器の適正な配置、損傷などを外観から確認します。

   総合点検(1年に1回実施)
     ・消防用設備等の全部もしくは一部を作動させ、総合的な機能を確認します。


 消防用設備等は、「年中無休」働き続けています。  いざ!という時に正常に働くために、点検・整備が大切です。


 消防用設備等点検報告制度に係る相談等

消防用設備等点検報告制度に係る相談及び苦情等を受け付けています。

        こちらからどうぞ!


 

ホーム